日別アーカイブ: 2020年2月3日

宇和島の方言「びりだんご」

スポンサーリンク

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「びりだんご」です!

「びりだんご」は、「干した甘薯をすった餅」の意味。
使用例「びりだんごを食べたい。」
意味「干した甘薯をすった餅を食べたい。」

スポンサーリンク

今日の宇和島の方言は、「びりだんご」のお話でした。

林 由美
わかりませんᐠ( ᐪᐤᐪ )ᐟ
返信する2年
村上 晃一
私もわかりませんでした(^^;)
なんか聞いたことは、あったような気はしたのですが。
返信する2年
Shinji Nakai
返信する2年
村上 晃一
(^^;)
返信する2年
Hideki Wansa Kajiwara
全く聞いたことがないです。
ひがしやまを蒸して餅の中につきこんだものは、子供の頃に山仕事の手伝いで、津島の山奥か三間の山奥かそんなところでもらって食べたことが、かすかな記憶にあります。 餅自体の存在はあると思います。
返信する2年
村上 晃一
私も ひがしやまならわかりますが、びりだんごは、知りませんでした(^^;)
返信する2年
松本 敏幸
びりだいの〜かまぼこが〜💕😙
返信する2年
村上 晃一
そういえば テレビで宣伝してましたね(^^)
返信する2年
楠本 笑子
その名前は聞いたことないんですが、芋の粉で作った黒い団子は、蒸して砂糖をつけて食べてました❗
中にさつまいも入れて蒸したりもしてもらってました❗
返信する2年編集済み
村上 晃一
芋の粉で作った黒い団子は、食べた事なかったです(^^;)
子供の頃は、はったい粉や片栗粉に砂糖とお湯を入れて練って食べてました。(^^)
返信する2年
楠本 笑子
村上 晃一 さん
はったい粉は、よく食べました😋✨
返信する2年

スポンサーリンク