日別アーカイブ: 2015年9月21日

宇和島の方言「さし」

スポンサーリンク

宇和島の自然と文化

今日の宇和島の方言は「さし」です。

この「さし」は、さしで勝負する「一対一」の「さし」ではありません。
またお肉の「サシ」でもありません。

これは、よく使っていたと思います。

私は、標準語かと思っていました(^^;)a

「さし」の意味は、「物差し」を意味します。

使用例は、「そこに置いとる さしちょっと取って!」ですね。

スポンサーリンク

意味は、「そこに置いてある物差しちょっと取って下さい!」です。

今日の「宇和島の散歩道」は、宇和島の方言「さし」のお話でした。

Facebookのお友達のHideki Wansa Kajiwaraさんからのコメントです。
「ものさし」を省略しただけで方言ではないです。

Facebookのお友達の高橋 真慈さんからのコメントです。
この場合のサシは普通に使いますね!子供の頃の家には着物を縫うときに使うクジラざしと云うやつもありました。以前尺貫法が禁止になった時は職人の祖父や父はかけ算をしたりしてました!畳も長さ2メートル幅1メートルになったら仕事にならないと言ってました、日本建築には尺貫法ですね!話は脱線しましたが釣りエサの蝿のウジもサシと云います。底抜け脱線ゲームでした(笑)

Facebookのお友達の小西奉文さんからのコメントです。
物差し📏をサシと言うのは全国的でしょう🙄。

Facebookのお友達の渡辺 重徳さんからのコメントです。
「wikipedia引用
< さし>
刺身の略。イカ刺し・ふぐ刺しなど。 · 西日本などの方言で定規(物差し、物指し)のこと。」

スポンサーリンク