日別アーカイブ: 2015年2月24日

伊達家墓所〜龍華山編6

スポンサーリンク

伊達 村寿だて むらながは、宝暦13年1月4日(1763年2月16日)? – 天保てんぽう7年3月10日(1836年4月25日)伊予国宇和島藩の第6代藩主です。

【33】6代村寿6代村寿

第5代藩主・伊達村候だて むらときの四男で母は鍋島宗茂なべしま むねしげの娘・護姫です。

正室は伊達重村だて しげむら(仙台藩主)の娘・順子。

側室に浅見氏、鬼生田氏おにうだし、田中氏、滝本氏。

子は伊達宗紀だて むねただ(長男)ほか

幼名は兵五郎ひょうごろうといいました。

生年には宝暦ほうれき11年(1761年)説もあり、はっきりしていないようです。

安永あんえい6年(1777年)11月15日に元服げんぷくし、仙台藩主で義父の重村しげむらから偏諱へんきたまわって村寿むらながと名乗るようになります。

前にも説明しましたが、偏諱へんきとは、上位者が下位者に名前の一字与える事ですね。

寛政かんせい6年(1794年)、父の死去により家督かとくを継ぎますが藩政においては財政再建のために倹約令を出しますが、家老の稲井甚太左衛門と番頭の萩森氏が藩の主導権をめぐって争い、萩森騒動はぎもりそうどうを起こすなど、改革は停滞したようです。

萩森騒動はぎもりそうどうとは、
宇和島藩では藩政初期から財政難ざいせいなんが起こっていましたが、江戸時代後期になると洪水こうずい大火たいか旱魃かんばつ等の天災てんさいが相次いで財政は逼迫ひっぱくし、文化9年(1812年)には遂に藩財政再建はんざいせいさいけんをめぐる重臣じゅうしんの意見の対立から刃傷事件にんじょうじけんが発生しました。宇和島藩は当時、藩内に差上銀うわざしぎん(献金)を命令し、家臣かしんには5年の半知借上はんちかりあげを行ない、藩札の濫発らんぱつも行なっていました。

このため宇和島藩では両替のために正銀が不足し、藩札騒動はんさつそうどうも起きるなど武士も領民も困窮こんきゅうしていました。

このため11月20日、家臣の借上に関して藩で協議が行なわれ、老中の稲井甚太左衛門が5年の期間をさらに3年延長すると言い出しこれに対し、番頭の萩森宏綱が下級武士から差上米を取ることに反対し、100石以上の上級武士に3年にわたり知行ちぎょうを返上する案を出しました。

無論、萩森自身も480石取りであるため、これに含まれ案を出した萩森は10人扶持ふちが貰えるなら自ら応じると述べた。

稲井は「萩森が医者の息子で萩森家に養子入りしていた」ことから、萩森を衆人環視しゅうじんかんしの前で大いに面罵めんばしました。

稲井は、大勢の前で萩森をバカにしたということですね。

萩森は屈辱くつじょくを覚えて重役の小梁川主膳こやながわ しゅぜんと会い、稲井の無能を言い立てたが、主膳はなぐさめて家に帰したそうです。

スポンサーリンク

翌日夕刻、萩森は小梁川を訪ねると、小梁川こやながわは稲井の屋敷に出かけていました。

萩森は小梁川が稲井に前日の件を密告みっこくに行ったと思い、手槍てやりたずさえて稲井屋敷にち入りました。

実は小梁川こやながわ密告みっこくに行ったわけではなく、稲井屋敷で勉強会があり出かけていただけで、この日は屋敷に多くの藩士が集まって参加していたのだが、手槍てやりたずさえて現れた萩森におどろき、井関徳左衛門が手槍てやりうばおうとしてみ合いになり、萩森は脇差わきざしで井関を斬りつけました。

この日の勉強会には文武ぶんぶ達人たつじん中川幸八がおり、稲井と小梁川こやながわりつけようとしていた萩森を取り押さえました。

文化10年(1813年)2月9日、萩森は「老中ろうじゅう(稲井)をあなどり、おかみかろんじ候致方そうろういたしかた其上そのうえ井関徳左衛門へ手疵てきずはせ、重々不届じゅうじゅうふとどき」として藩命はんめいにより法円寺ほうえんじ切腹せっぷくとなりました。

小梁川こやながわは20石加増こくかぞう、井関は20石加増こくかぞうとなりました。

この時の切腹は江戸時代の泰平たいへいになってから久しいことで、作法など諸事しょじを調べた上で行なわれ荘厳しょうごんなものだったそうだ。萩森は「常態じょうたいの顔色」で従容しょうよう切腹せっぷくし、家は断絶だんぜつし、家財は没収されたそうです。

ただ、藩もこの騒動により、騒動後の12月2日に3年の倹約令を出しましたが、半知借上はんちかりあげから三歩借上さんぶかりあげに変更され、12月17日には家中に対する借下米かりさげまい借下銀かりさげぎんは全て引き捨てとされるなど、藩は譲歩じょうほ余儀よぎなくされました。

萩森の死後、藩は萩森の墓所に参拝することを禁じましたが、家中や町人の多くが忍び参りすることが後を絶たなかったそうです。

これは萩森の下級武士に対する擁護ようご発言、身命しんめいしてのち入り、藩札が正銀と両替できるようになったためとされます。

萩森の霊は「萩森様」としてあがめられ、萩森神社はぎもりじんじゃとしてまつられ、世直よなおしの流行神はやりがみとして末社まっしゃ上方かみがたにまで及んだそうです。

かつて萩森神社は宇和島市立宇和島病院本館あたりにあったようですが、現在は廃社はいしゃとなり存在しません。なお、藩は萩森人気が高すぎたため、切腹の年に生まれた男子の栄之助えいのすけ(11歳)に家名を継ぐことを許したそうです。

話は、伊達 村寿だて むらながに戻ります。

文化ぶんか14年(1817年)から病気を理由にして、長男・宗紀むねただに藩の実権を預けその後の文政ぶんせい7年(1824年)9月12日、家督かとくゆずって隠居いんきょし、天保てんぽう7年(1836年)3月10日に死去した。

【34】6代村寿6代村寿

今日の「宇和島の散歩道」は、「伊達家墓所〜龍華山編6」のお話でした。

愛媛県宇和島市野川甲1157
スポンサーリンク