樋口虎若邸

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

私が、幼稚園のときは愛宕町の借家から京町にある鶴城幼稚園かくじょうようちえんに通っていました。

家から鶴城幼稚園までは、そう遠くなく幼稚園に向かう途中に大正ロマンを感じさせるモダンな洋館建ての樋口虎若ひぐちとらわか邸がありました。

この建物は、樋口虎若氏が、大正15年(1926)隠居する為に この地に建てたということです。

私が、当時印象に残っていたのは樋口邸の塀のデザインでした。

赤いレンガがアール状にデザインされていて それが妙に印象に残っています。

下の白黒の写真は私が、鶴城幼稚園に通ってる頃幼馴染みと一緒に写ってる写真です。
昭和41年前後くらいでしょうか?後ろに 樋口邸の塀が写っています。

社会保険病院白友寮にて(昭和41年前後頃)樋口虎若邸前

樋口邸は、今も残っているのかなと見に行ってみると

樋口虎若低右側から

今も健在でした。

樋口邸の右側には、鶴城幼稚園の屋根がみえますね。

鶴城幼稚園の十字架の屋根も昔のままですね。

樋口虎若低右側から2

まだ愛宕町で営業している頃は、樋口さんも散髪に来て頂いていまいました。

虎若さんは、私が生まれる前に亡くなられていますので息子さんになるのかな?

スポンサーリンク

うちが、長堀に移転しても 京町から長堀まで 今から17年前まではご来店頂いていました。

樋口虎若低右側から3

「樋口虎若」さんといってもあまりピンと来ないと思いますので この洋館を建てられた「樋口虎若」さんについてちょっと経歴をご紹介します。

樋口虎若低正面から

樋口 虎若 (ひぐち とらわか)

明治5年~昭和33年(1872~1958) 医師、宇和島市長

明治5年11月10日、宇和郡吉田東小路(現宇和島市吉田町)で樋口直康の長男に生まれた。明治27年第三高等学校を卒業して医師業免状を受け、同28年陸軍軍医となり、同33年2月宇和島広小路に豪壮な医院を建て、開業した。明治37年2月、陸軍軍医大尉に昇進、県医師会理事を経て大正9年副会長に推された。

大正3年以来、宇和島町会・市会議員・北宇和郡会議員になり、昭和13年7月宇和島市長に就任したが、同14年5月政党の対立抗争を嫌って退任した。昭和33年6月4日、85歳で没した。

(参考・愛媛県生涯学習センター資料)

樋口虎若低正面左から

広小路界隈には、このような洋館建てのモダンな建物が何軒か建っていましたが取り壊されましたので この洋館はこのまま残して頂けると良いなとそんな事を勝手に思ったしだいです。

樋口虎若低左側から

今日の「宇和島の散歩道」は、「樋口虎若邸」のお話でした。

[宇和島市京町地図 Simple Map]

愛媛県宇和島市京町1-13

スポンサーリンク

樋口虎若邸」への0件のフィードバック

  1. 先日、友人とFacebookでやり取りしていて樋口邸の話が出ました。初めて聞いた話なんだけど友人は宇和島に居た頃、妙典寺前から時折見に行っていたそうです。私は記憶に無いのですが社会保険病院が拡張する際、取り壊された洋館も有ったとか・・・ その時は怒りを覚えたと言っていました。
    (^^; 樋口邸は是非、今のまま保存してほしいですね!

    1. 黒弓さんへ
      社会保険病院と社会保険病院白友寮の間に洋館建ての建物がありました。
      あそこの家の写真写って無いかなぁと 探しましたが、うちには写ってる写真は有りませんでした。残念!
      樋口邸は、保存して欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。